parallax background

2021年7月22日祝木/7月28日水
「愛の妙薬」コンサート

7月コンサート決定‼️
2021年6月18日

若手プロ音楽家が演奏の場所を失ってメンタル的に瀕死の状態を活性化する、若手オペラ歌手を支援するプロジェクト。オペラの本場イタリアより指揮者を招聘し、東京大阪で開催。

オペラ全盛期に確立された発声法を日本で伝える、一般社団法人サルバベルカント・アソシエーション・ジャパン(代表 峯川知子)は「若者支援プロジェクト」として東京・大阪で7月22日/28日に、本場イタリアから指揮者デメートリオ・モリッカ氏を招聘して開催します。

このコンサートは、度重なる緊急事態宣言による、演奏会の延期や、海外への渡航の道を閉ざされ、活躍の場を失った、オペラ歌手への道を目指す未来の本物の芸術家たちを応援するためのプロジェクトです。

本場イタリアから、巨匠ネルロ・サンティの弟子である若手指揮者デメートリオ・モリッカ氏に本番前、マスタークラスで指導の元、未来を担う若手オペラ歌手たちが本番に臨みます。

バリトンには、オペラ全盛期時代の歌唱法を継承するロベルト・ボルトルィッツィ氏を迎えます。

同氏は、世界でも数少ない本格的ヴェルディを歌い、その優れた発声法は、ヴェルディのオペラアリア40曲を、一夜4時間半で歌い切るという世界初の偉業で証明されています。

ピアノ/指導は、同団体の代表の峯川知子が務めます。
峯川は、イタリアの劇場で研鑽を積み、世界的バリトン、アントニオ・サルバドーリからの極秘テクニックを伝承された唯一のコペティトールです。

同団体サルバベルカントを立ち上げ、オペラによる国際交流と、伝承された極秘テクニックを、ピアニストの立場から歌唱法の指導を行っています。

解説は、落語協会真打ちにして「笑点」の若手大喜利で活躍する鈴々舎 馬るこ氏にて解説します。

鈴々舎 馬るこ氏は、落語にサルバベルカント唱法を活用して、活躍しておられ、平成25年度NHK新人演芸大賞の受賞、毎年の寄席では、トリを務めています。また、NHKラジオオペラ寄席すぱげっ亭の案内人としても活躍中です。
サルバベルカント合唱団員でもあり、オペラと落語の融合に挑戦中。

愛の妙薬は1832年に初演され30回以上の再演を数える大ヒットとなった全2幕からなる喜劇的オペラです。(作曲:ガエターノ・ドニゼッティ)

オペラブッファで楽しい、ベルカント時代の作曲家ドニゼッティはサルバベルカントの伝統歌唱法を伝えるのに適しています。

また、当日の合唱団員も募集しており、オペラ全盛期の極秘テクニックの指導の元、コンサートの壇上に立つ事ができます。

▼大阪公演
2021年7月22日(祝木) 15:00開演/14:00開場
大阪いずみホール(ピアノ伴奏)
チケット料金:4,000円(税込)
ナビゲーター:鈴々舎馬るこ(ストーリーを落語で楽しく語ります)

▼東京公演
2021年7月28日(水)  19:00開演/18:00開場
渋谷区総合文化センター 大和田さくらホール
(サルバベルカントオーケストラ)
チケット料金:5,000円(税込)
ナビゲーター:鈴々舎馬るこ(ストーリーを落語で楽しく語ります)
開演15分前から鈴々舎 馬るこ師匠による解説が始まります。

▼出演
アディーナ:
箕浦綾乃、増田亜美 ネモリーノ:
堀越俊成、勝又康介 ベルコーレ:
新井健士 ドゥルカマーラ:
ロベルト・ボルトルッツィ、増田旭宏 ジャンネッタ:
志賀早紀子

指揮:デメートリオ・モリッカ
解説:鈴々舎馬るこ
ピアノ・指導:峯川知子

チケットのお求め/合唱団への参加のお問い合わせ
電話番号:03-6427-1088または080-1321-4130(オフィス)
新型コロナウイルス感染対策の為、ご来場の際はマスクのご着用をお願い致します。

クラウドファンディングからのお申込み https://camp-fire.jp/projects/446829/preview?token=1oqa9dco

一般社団法人サルバベルカント・アソシエーション・ジャパン/企画制作 株式会社ペルゴレージ
東京都渋谷区東1丁目26−30 渋谷イーストビル 5F
03-6427-1088
salvabelcanto.info@gmail.com